第9回西三河朝会を開催しました #mikawaasa

7月9日に第9回西三河朝会を開催しました。
今回の課題は、第8回特別企画で選ばれた1冊「世界一の庭師の仕事術 ‾路上花屋から世界ナンバーワンへ‾」。

課題本の「世界一の庭師の仕事術」は、西三河朝会では珍しいストレートなビジネス書・著者の一代記です。
具体的な仕事術というより、著者がどう仕事に向き合ってきたか、何を大切にしているかが書かれていて非常に熱い本です。
最初は「儲かるから」と始めた花屋から、儲かることよりもお客さんや社員たちの幸せを願って仕事をするようになった過程が書かれ、そこがよかったと思います。
口絵には著者がチェルシー・フラワーショーで3年連続金メダル取った際の作品の写真があるのですが、一見すると「これが庭?」という感じのものです。これだけでなく、普段の仕事で造った庭の写真もあったらもっとよかったな。

世界一の庭師の仕事術 ‾路上花屋から世界ナンバーワンへ‾
石原和幸
WAVE出版
売り上げランキング: 22799

 

あとがき
祖父の趣味が庭でした。実家は山 (といってもかなり低い、もともと畑だったところ) を削った場所に建っているのですが、削る過程でかなり岩が出てきたらしく、それを再利用して庭を造ったんだそうです。庭には小さな池もあります。祖父はかなり前に亡くなりましたが、今でも定期的に庭師さんが来ているようです。
地元で初夏に庭木市が立つのですが、それに連れて行かれたこともあります。
だからといって全く詳しくありませんが。

タグ :

“第9回西三河朝会を開催しました #mikawaasa” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です