しんどい思いをしている人に勧めたい〜統合失調症がやってきた

「松本ハウス」というお笑いコンビがいます。ハウス加賀谷と松本キックの2人で1991年にデビュー、人気絶頂だった1999年に活動休止。2009年に活動を再開しました。活動休止の理由は、加賀谷さんの統合失調症。
この本は加賀谷さんの生い立ちから統合失調症の発症、お笑いコンビとしてデビューし、病状悪化による入院・療養を経て復活するまでが、時に松本さんの視点を交えて書かれています。全体の執筆は松本さんが担当しています。
わたしはお笑いに全然興味がないこともあって、彼らのことは知りませんでした。それでもこの本を手に取ったのは、統合失調症の闘病記だからです。家族からみた統合失調症の看病記は知っていたけれど、当事者が語るものは、わたしにとっては初めて見るものでした。

加賀谷さんは荒れる家庭で、自分がエリートコースを進むことだけが希望、と言うような環境で育ちました。彼自身は勉強も習い事も嫌いだけど、家族のためにいい子であろうとします。そんな中、中2の頃から自己臭恐怖症が起こり、高校入学後に幻覚が見え始めます。
神経科での治療の中でグループホーム入所を勧められた加賀谷さん。そこで生活するうちに漫才をやってみたいと思い、オーディションに合格して事務所に入ります。そこに同じく合格した松本さんがいました。

デビューから下積みを経て「ボキャブラ天国」に出演し、人気絶頂になった松本ハウス。多忙で休むこともできなくなった加賀谷さんは心身のバランスを崩します。もともと薬の副作用のせいで多かった遅刻がさらに増え、時間の概念もなくなっていきます。
加賀谷さんが追い詰められていく中、自殺の危険を感じた松本さんは、1枚のFaxを送ります。

簡単なことはするな それはつまらないから 俺もそれはしない

この言葉で、松本さんの人柄や、彼にとって加賀谷さんがどういう存在であるかがよくわかります。
簡単だけど、非常に思いやりに満ちた言葉だと思います。
精神科病棟に入院する直前には、心身のコントロールが効かなくなり、幻覚も見えていました。入院が決まり、所属事務所で2人で最後の話し合いを行ったときの記憶が、加賀谷さんにはないそうです。松本さんはこのときのことを「おそらく加賀谷の心は停止していたのだろう」と振り返っています。

辛いエピソード続くのですが、比較的冷静に読み進めていけます。これは加賀谷さんが冷静に自分の状態を振り返ることができているのと、松本さんの筆力、編集者の構成力が合わさったからこそでしょう。
加賀谷さんは入院前後のことを思い出したら吐き気が止まらなくなり、実際に吐きながらメモを書いたそうです。それでも苦しかった時のことを冷静に振り返っています。これは彼自身がタフであること、自分を客観的に見つめる目を持っていたこと、そして松本さん始め家族や出版に関わった人たちの支えがあったからだと感じました。
松本さんは加賀谷さんを責めずせかさず、復帰できる時を待ちました。加賀谷さんを信頼しているからこそなのだと思います。10年待った松本さんもまたタフであり、非常に度量の大きい人だと思います。

統合失調症は100人に1人の割合で発症すると言われています。稀な病気ではありません。
この本は統合失調症以外の病気にかかった人、精神的な不調に悩む人、その当事者にとっても周囲の人にとっても、よいテキストになると思います。病や不調そのものにどう向き合うか、周囲はどうすべきか、大きなヒントが得られると思います。
そしてこの本は、色々な人に読まれるべきだと思います。病気が原因でなくても、どうしようもなく追い詰められてしまうことはだれにでもあると思うから。

コンビ解散から10年、加賀谷さんが松本さんに「またお笑いがやりたい」「もう一度キックさんとやりたい」と伝え、まずは松本さんのトークライブに素人のゲストとして出演します。そして加賀谷さんが舞台に登場したとき、ファンから暖かい拍手と声援が送られます。この場面は本当に涙が出そうになりました。
松本さんは冒頭で、お笑いコンビは「戦友」であると書いています。本当に2人は戦友で、だからこそ10年を経て、再び同じ場所に立てているのだと、全体を読んで感じました。2人の絆の強さも、この本の魅力です。
これまでお笑いライブはまったく見たことがないのですが、機会があったら松本ハウスのステージを見に行ってみようと思います。

 

統合失調症がやってきた
ハウス加賀谷 松本キック
イースト・プレス
売り上げランキング: 297

 

余談
感想としては非常に変なのですが、読後感が岡崎京子「ヘルタースケルター」に似ていると思いました。
もちろんヘルタースケルターはフィクションだし扱うテーマもまったく違います。両者を同列に見ることはできないのは百も承知ですが、それでも「ぼろぼろの心身を抱えながらも生きのびることを選択したりりこ」の姿が、再度舞台に立った松本ハウスに重なったのは確かです。

“しんどい思いをしている人に勧めたい〜統合失調症がやってきた” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です