2012年の手帳セット

2012年になり、手帳も新しいものに切り替えました。
今年は複数をばらばら持ち歩くのではなく、ケースを作りました。

中身はこんな感じ

手帳ケースです。リヒトラブ マルチカードケースの橙です。大きさがちょうどいいので採用。中のカード差しは不要なので切り落としました。ほつれ止めを施してあります。

購入時の状態
カード入れを切り落としました

スケジューリングには昨年に引き続き半年手帳を使います。自分のスケジュール管理には、今のところこれが一番フィットします。

去年は週や月が変わるごとにウィークリー・マンスリーページの端を切っていたのですが、今年はしおりひもを追加しました。ひもは以前使っていたほぼ日手帳のカバーから切ってきたもので、マスキングテープで固定しました。半年たったら新しい手帳に付け替えます。

一緒に持って歩くのはモレスキン カイエ。去年は毎日何かをメモるのに使っていました (途中でいただきもののXSサイズのデイリーダイアリーになりましたが) が、今年は電話番号リストや職場カレンダーなど「1年通して目にする情報」を書くのに使います。
出金記録もこちらに書きます。通常の買い物はすべてレシートをもらいますが、自販機などレシートがないものの記録用です。去年は半年手帳のウィークリーページに書いていたのですが、スケジュールに出金記録を混ぜるより1カ所にまとめよう、と思いました。
後半のミシン目があるページに半年手帳のおこづかい帳リフィルを貼って、そこに書きます。家計簿に転記したら横線で消し、リフィルがいっぱいになったらページごと破って新たなリフィルを貼って続けていきます。

おこづかい帳のページ。まだ1件しかありません

そしてRHODIAのdotpad。いつでもどこでもメモを取る習慣をつけたいと思って購入。RHODIAの方眼は罫線が強すぎで好かないのですが、これはよさそう。書いたら破ってケースに挟んでおきます。
自分の場合日常何か書くのには、ノートよりメモパッドが向いていそうです。

こんな感じで挟んでおける

持って歩く筆記用具はARISTO 3FITの0.5mmシャープペンシル。繰り出し式の消しゴムがすばらしい。これで0.7mmがあれば最高なんですが。

タグ :

“2012年の手帳セット” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です