人はおおむね自分で思うほどには幸福でも不幸でもない。肝心なのは望んだり生きたりすることに飽きないことだ。

人はおおむね自分で思うほどには幸福でも不幸でもない。肝心なのは望んだり生きたりすることに飽きないことだ。

「イノセンス」荒巻大輔のセリフ

この言葉には、映画「イノセンス」で出会いました。出展はロマン=ロラン「ジャン・クリストフ (未読)」。
特に後半の「肝心なのは望んだり生きたりすることに飽きないことだ。」が引っかかり、ずっと残っています。
望んだり生きたりすることは、なにも大仰に考えることはない。本当にささいなことでもいいから、「望むこと」「生きること」をやめずにいること。幸不幸を考えるよりそのことが重要なのかもしれない。
望むことが「週末にケーキ買って食べよう」だったり、生きることが「明日の朝もとりあえず起きよう」「自分は生きていたいから生きているんだ」だったり、そのレベルでもいいと思うのです。

落ち込んだりしてぐずぐずになったときに、とりあえず顔を上げて動き出すきっかけになる言葉です。

 

イノセンス [Blu-ray]
イノセンス [Blu-ray]

posted with amazlet at 12.06.22
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006-12-06)
売り上げランキング: 38749

 

ジャン・クリストフ 1 改版 (岩波文庫 赤 555-1)
ロマン・ロラン
岩波書店
売り上げランキング: 53906

 

“人はおおむね自分で思うほどには幸福でも不幸でもない。肝心なのは望んだり生きたりすることに飽きないことだ。” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です