《気になる》世界が認めたニッポンの居眠り 通勤電車のウトウトにも意味があった!

居眠りを世界が認めている? 一体どういうこと? と思って、「inemuri」をぐぐってみました。そしたら英語版wikipediaにちゃんと項目が。ここに掲載されている = 世界で認められている、とは言えないでしょうが、発見はちょっとした衝撃でした。
確かに電車の中で人はよく寝ています。自分も寝ます。新幹線に乗ったら、ほぼ確実に寝る。会議中に寝る人もいるし、お客さんの前で寝てしまった猛者も知っています。
しかしこうして居眠りがクローズアップされるということは、他国の人は (安全が絡んでくるので電車の中で寝ない、というのはあるにしても) 居眠りはしないのでしょうか。シエスタをとる国もありますが、これは居眠りとは別物なのでしょうか。

ありふれすぎていてなんとも思っていなかった居眠りのことが、このほんの発見で急に気になりだしました。

 

世界が認めたニッポンの居眠り 通勤電車のウトウトにも意味があった!
ブリギッテ・シテーガ
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 2,634

 

“《気になる》世界が認めたニッポンの居眠り 通勤電車のウトウトにも意味があった!” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です