《気になる》図書館で調べる

学生時代はよく調べ物のために図書館に行っていました。実験レポートを書くために大学図書館にこもり、社会学のレポートのために県立図書館に通いました。当時通っていた県立図書館は、残念ながら閉館したようです。
文章の書き方やレポートの基本、図書館の利用方法は社会学の先生に教わりました。大学で学んだことで一番役に立ったのが、この先生から教えて貰ったことのように感じます。実際には無理ですが、もう一度授業を受けたいと思うくらいです。

自分にとっての図書館は「本を借り、新聞や雑誌を読むところ」です。それはずっと変わりません。でも実際は自分が何かを知りたいと思ったときに、強い味方になる場所です。
どうしても「調べる=ネット検索」になってしまいますが、何かを深く調べたくなったときに、この本が役に立ちそうです。

 

図書館で調べる (ちくまプリマー新書)
高田 高史
筑摩書房
売り上げランキング: 97,208

 

“《気になる》図書館で調べる” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です