《気になる》ご当地「駅そば」劇場—48杯の丼で味わう日本全国駅そば物語

駅そばって、ほとんど食べたことがありません。そもそも立ち食いの店に入ることがない、温かいそばが好きではない、などが理由です。
名古屋近郊は、そばではなくきしめんです。名古屋駅構内のきしめんスタンドはテレビでも紹介されているようです。下手なきしめん屋よりも駅スタンドがおいしくて、お薦めは名古屋駅○番線ホーム (詳細失念) だとか千種駅だとか、色々意見も聞いたことがあります。
駅の立ち食いスタンドに対する味の評価なんて、愛知に来るまで聞いたことがありませんでした。

確かにきしめんは非常に地方色が強いけど、それ以外にもいろいろあるんですね。街中のそば屋ならともかく、駅スタンドにまでご当地色があるとは。
この本では全国の駅そばが写真付で紹介されています。どんなものが出てくるのか気になります。

 

 

“《気になる》ご当地「駅そば」劇場—48杯の丼で味わう日本全国駅そば物語” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です