《気になる》変り兜: 戦国のCOOL DESIGN

カバー写真は「兎耳形兜」です。ぱっと見て「う〜〜〜む」という言葉しか出てきませんでした。
戦国時代、人々はかなり派手な格好をしていたのは知っていました。例えば豊臣秀吉は、ペルシャ絨毯を仕立て直した陣羽織 (重要文化財「鳥獣文様陣羽織」) を身につけ、徳川家康は、波の上でうさぎが跳んだりはねたりしている大柄の着物 (国宝「松浦屏風」の右隻にあるような着物と思われる) を着ていたそうです。
しかしその派手さが、兜にまで及んでいたとは。
「兎耳形兜」のうさぎは、人を食ったような表情をしています。現在のキャラクターにありそうな感じですね。これが特別派手でないとしたら、一体どんな奇天烈な兜があったのでしょう。とても気になります。

 

変り兜: 戦国のCOOL DESIGN (とんぼの本)
橋本 麻里
新潮社
売り上げランキング: 11,852

 

“《気になる》変り兜: 戦国のCOOL DESIGN” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です