《気になる》カネ遣いという教養

「身銭を切らなければ己は磨けない」
確かにその通り。自分の力で手に入れた物でなければ残らない。

ファンドマネージャーとして億単位の収入を得ていた人だけあって、使うお金の量が凄まじいですが、清々しいくらいです。
そして今お金をすべて失っても、後悔は一切ないと言い切る。
個人的な印象でしかありませんが、放蕩し尽くした人はお金を失っても、その状況を当たり前のこととして受け入れる人が多いように感じます。そうなるのはなぜなのか。わたしには想像もつきません。

これだけ放蕩してどんな世界を見たのでしょう。とても気になります。

 

カネ遣いという教養 (新潮新書)
藤原 敬之
新潮社
売り上げランキング: 3,194

 

“《気になる》カネ遣いという教養” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です