《気になる》電信柱の陰から見てるタイプの企画術

「電信柱の陰から見てるタイプ」って、なんじゃそりゃ、と思ってしまいました。この言葉と「企画術」が、うまく結びつきませんでした。著者の経歴を見ると、話題になったCMを多数手がけています。ますます「電信柱の陰から見てる」とは、かけ離れている感じがします。

「○○をやっている人はこんな人」というステレオタイプは、様々な職業にあります。
例えば営業職の人は弁が立つ、押しが強いタイプと思われがちですが、実際には口べたで木訥だけど、お客さんに気に入られて成績を伸ばす人もいます。
クリエイターも例外ではないはずです。確かにタイトルはクリエイターのイメージと正反対ですが、だからこそどうやってこれらのヒット作を生み出したのか、興味がそそられます。

 

電信柱の陰から見てるタイプの企画術 (宣伝会議)
福里真一
宣伝会議
売り上げランキング: 16,063

 

“《気になる》電信柱の陰から見てるタイプの企画術” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です