[share] 生者と死者—酩探偵ヨギガンジーの透視術

非常に変わった構造の本です。
袋とじの状態で売られています。その状態で読むと短編小説、袋とじをすべて開くと、今度は長編小説になります。短編小説が長編小説に取り込まれて、それでちゃんとひとつのストーリーとして成り立ちます。
まず思ったのが「なんでそんなものが書けるの」。ただ短編・長編小説を書くのではなく、短編が長編に溶け込んで、なおかつ破綻せずに存在するなんて。
これはもう、読んで驚くしかないのでしょう。一度やってしまうと、短編を読み返すのは難しそうですが。

 

生者と死者—酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)
泡坂 妻夫
新潮社
売り上げランキング: 165

 

“[share] 生者と死者—酩探偵ヨギガンジーの透視術” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です