[share] よいこと わるいこと (はじめての哲学)

「よいこと」「わるいこと」とは何か。非常に難しい問いです。どちらも確かに存在するけれど、基準が明確なわけではない。いつの間にか良し悪しが逆転することも、珍しいことではありません。
だからこそ、何がよくて何が悪いかは、自分で考えて決めていかなくてはならないのでしょう。大変な行いではありますが、それを考える過程こそが哲学の初歩と言えるのかも。

この本は哲学をビジュアルに難しくなく伝えているのが興味深い。子供向けかもしれませんが、大人でもゆっくり向き合ってみたい本です。

 

よいこと わるいこと (はじめての哲学)
オスカー・ブルニフィエ
世界文化社
売り上げランキング: 406,543

 

“[share] よいこと わるいこと (はじめての哲学)” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です