[share] 街を変える小さな店 京都のはしっこ、個人店に学ぶこれからの商いのかたち。

京都は詳しくありませんが、この本のタイトルのように「小さな店」がひしめく場所、というイメージがあります。
もちろんデパートやショッピングセンターもありますが、片隅にひっそりと佇む店が、街の雰囲気を作り出している感じがします。

例え小さくても、店を構えて維持していくのは、容易なことではありません。夢と志とシビアな経営判断とがないとやっていけないでしょう。小さな店の主たちが、何を考えどうやって店を続けているのか、ちょっと興味があります。

著者は「恵文社一乗寺店」の店主です。この書店もいつか行ってみたい。ここに限らず、京都には小さくて個性的な書店が多いので、今度京都旅行に行くときのテーマは書店巡りにしようかと思っています。

 

街を変える小さな店 京都のはしっこ、個人店に学ぶこれからの商いのかたち。
堀部篤史
京阪神Lマガジン
売り上げランキング: 6,286

 

“[share] 街を変える小さな店 京都のはしっこ、個人店に学ぶこれからの商いのかたち。” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です