[share] 厭な物語 / もっと厭な物語

とてもストレートなタイトルですね。読むと、心の中にザリザリした砂が残ったり、自分がとんでもないところに連れていかれそうな気もします。
表紙も怖い。人形の顔のクローズアップですが、見方によってこんなに怖くなるんですね。
嫌な読後感が残る話は多くあります。わたしは嫌いじゃないです。読んでいて「う〜〜〜ん」と思ってしまうことがあっても、その居心地の悪さを味わうのも、読書の醍醐味だと思うのです。

この2冊はミステリのアンソロジーです。わたしはミステリ初心者ですが、楽しんで読めそうです。

 

厭な物語 (文春文庫)
厭な物語 (文春文庫)

posted with amazlet at 14.02.17
アガサ クリスティー モーリス ルヴェル ジョー・R. ランズデール シャーリイ ジャクスン パトリシア ハイスミス
文藝春秋 (2013-02-08)
売り上げランキング: 42,926

 

もっと厭な物語 (文春文庫)
文藝春秋 (2014-02-07)
売り上げランキング: 11,667

 

“[share] 厭な物語 / もっと厭な物語” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です