[share] 盆栽/木々の私生活

チリの作家が書いた小説のタイトルが、なんで盆栽なんだろう? と思いましたが、盆栽は今や世界に広がるものだったのですね。
盆栽愛好家や研究者が一堂に会する「世界盆栽大会」というものもあります。

この本のオビに

ものを書くことは盆栽の世話をすることに似ている

とあります。
わたしは盆栽の世話をしたこともないし、周囲に愛好者がいません。なので盆栽と書くことのつながりが想像できません。
庭が趣味という人は知っていますが、参考にはならないでしょう。

オビの言葉の意味、そして小説にそれがどんな風に表現されているのか、気になります。

 

盆栽/木々の私生活 (EXLIBRIS)
アレハンドロ サンブラ
白水社
売り上げランキング: 41,671

 

“[share] 盆栽/木々の私生活” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です