[share] ほろ酔い文学事典 作家が描いた酒の情景

わたしは酒が飲めませんが、酒にまつわる文章を読むのは楽しいと思います。何故そう思うのか、自分でもよくわかりませんが。
様々な作家が書いた様々な酒。この本だけで十分酔った気分が味わえそうです。

「作家と酒」でぱっと思い浮かんだのが、内田百聞「おからとシャムパン」です。
タイトル通り、おからを肴にシャンペンを飲む話なのですが、出てくるおからが妙においしそうなのです。
この本で先生は、ビールで取り上げられています。

 

ほろ酔い文学事典 作家が描いた酒の情景 (朝日新書)
重金敦之
朝日新聞出版 (2014-03-13)
売り上げランキング: 86,273

 

御馳走帖 (中公文庫)
御馳走帖 (中公文庫)

posted with amazlet at 14.04.22
内田 百けん
中央公論社
売り上げランキング: 50,018

 

“[share] ほろ酔い文学事典 作家が描いた酒の情景” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です