[share] 使える行動分析学: じぶん実験のすすめ

「じぶん実験」という言葉が面白いな、と思いました。
うまくいかないこと、挫折してしまったことはたくさんあります。そのとき「意志が弱いからだ」「能力がないからだ」と言われてしまうと、返す言葉もありません。
確かにそうかかもしれませんが、でもそう考えても、状況は変わらないことがほとんどです。変えるためには何が問題なのかを冷静に推測・把握し、うまくできる具体的な方法を模索する必要があります。
この本ではそのために行動分析学の理論を使うことを提唱しているようです。

この辺りは、津村記久子・深澤真紀「ダメをみがく: “女子”の呪いを解く方法」で指摘された

 

「がんばる」とか「努力」ではなく「工夫する」ことが重要

 

というのに通じる気がします。

自分を冷静に見つめ、色々なことをよりうまくやっていくためのきっかけとして面白そうです。

 

使える行動分析学: じぶん実験のすすめ (ちくま新書)
島宗 理
筑摩書房
売り上げランキング: 1,187

 

ダメをみがく: “女子”の呪いを解く方法
津村 記久子 深澤 真紀
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 25,395

 

“[share] 使える行動分析学: じぶん実験のすすめ” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です