[share] ひとを“嫌う”ということ

「嫌う」という言葉からは、一種の負のエネルギーを感じます。
誰だって人からは嫌われたくないでしょうし、人を嫌うことも避けたいでしょう。
でもその一方で、おそらく人生で一度も嫌われた / 嫌いになった経験がない人は、いないと思います。
いい印象がないのに逃れられない、厄介な感情です。

わたし自身、この感情に少し距離を置けるようになったのは、つい最近です。自分が誰かに向けてしまうことも、誰かからこちらに向かってしまうことも、ある程度は仕方がないことなのでしょう。それでも心は乱れてしまいますが。

この本を読むことで、「嫌い」ということと上手に距離をとれるようになれるといいな、と思います。

 

ひとを“嫌う”ということ (角川文庫)
中島 義道
角川書店
売り上げランキング: 22

 

“[share] ひとを“嫌う”ということ” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です