[share] 二度寝で番茶

木皿泉は「すいか」の脚本家、程度の認識しかありません。もともとテレビをほとんど見ないので、実際に彼らが書いた脚本のドラマは見たことがないと思います。
それでもこの本に惹かれたのは、タイトルのゆるさによるのかもしれません。
次々と放送されるドラマの作り手が、なぜこんなタイトルの本を書いたのでしょう。深い意味があるのかどうか、気になります。

 

二度寝で番茶 (双葉文庫)
木皿 泉
双葉社 (2013-09-12)
売り上げランキング: 14,920

 

“[share] 二度寝で番茶” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です