[share] ネガティブな自分をゆるす本—ポジティブ・シンキングのとらわれをはずそう!

ポジティブであることは大事です。そうは思いますが、わたしはそれが結構苦手です。とにかくポジティブシンキング、ネガティブは許さない、という人のそばにいると非常に疲れます。

ポジティブにせよネガティブにせよ、自分の内側から出てきた感情であることには変わりがないのに、一方は肯定しもう一方は否定するってのは、結果的に健康的でない気がします。
重要なのはそれらとどのように折り合いをつけていくかで、頭から否定したり肯定したりすればいいってものではないのでは。非常に素朴な考えですが。

「○○でなければならない」という考えは少ないに越したことがないと思います。自分をしんどくしないために、あえてよいと思われていることの「とらわれ」を外すことも必要かもしれません。
この本は、そのきっかけになりそうです。

 

 

“[share] ネガティブな自分をゆるす本—ポジティブ・シンキングのとらわれをはずそう!” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です