月別: 2014年2月

[share] 「うつ」の捨て方—考え方を変えるために考える

「うつ」とまでは行かなくても、不満だったりなどの嫌な気持ちが、自分の内側にたまってしまうことがあります。
個人的な感想ですが「悩んだ次の瞬間に答えが出なかったら、ほとんどの場合は悩んでも無駄である」「『何かを解決したいから悩む』のではなく『悩みたいから悩む』」ことが意外と多いのではないかと思います。

どうやったって悩みから解放されることはないのかもしれません。であれば、この本が提唱するように「悩みの本当の原因を考えて、正しく楽しく悩」む方が、自分を追い込まなくていいのかもしれません。
悩みにとらわれすぎずにうまくつきあっていくために、この本は役立ちそうです。

 

「うつ」の捨て方—考え方を変えるために考える
深間内 文彦 山下 悠毅
弘文堂
売り上げランキング: 65,434

 

[share] 巨大重機の世界

巨大な重機は、普段お目にかかることはほとんどありません。せいぜい高層ビル建設現場のクレーン程度でしょうか。
最近テレビで見た重機だと、NHK「探検バクモン」で釧路の炭鉱が取り上げられた時に出てきた掘削機械「ドラムカッター」。これは近くで見たら本当にすごいと思います。

巨大重機は鉱山のような所に行かないと見られないものなのでしょう。日常とは縁遠い、でも見えないところで私たちの生活を支えている巨大重機。
一体どんなものがあって、どれだけの迫力で迫ってくるのか。それが実感できそうなこの本、気になります。

 

巨大重機の世界
巨大重機の世界

posted with amazlet at 14.02.27
高石 賢一
東京書籍
売り上げランキング: 1,497

 

[share] 片づけの解剖図鑑

わたしは割と片付けが苦手です。整理されていないモノがただ押し込まれている、という場所が家の中に結構あります。
雑誌などで隅から隅までびしっと整理され、そのためモノがまったく目立たない家を見ると、一種の罪悪感を感じてしまいます。

そんなわたしがこの本を見つけ

「もし、あなたの家が、片づけても片づけてもまたすぐに散らかってしまう家だとしたら…
それはあなたの責任ではありません。おそらく、あなたの家を設計した人の責任です」
(はじめに)

とあるのを見てちょっと救われた気分になってしまいました。
「片付けられないのは家のせい、自分のせいじゃない」と開き直るわけではありません。でも自分の努力ではなく、家に片付けられるための仕掛けをすることで、今よりずっとましになるのはいいなと思ったのです。
実際に今住んでいる家を変えるには限界があるでしょうが、きっとうまくいくやり方に出会えるに違いありません。

 

片づけの解剖図鑑
片づけの解剖図鑑

posted with amazlet at 14.02.26
鈴木信弘
エクスナレッジ
売り上げランキング: 236

 

[share] 読むことの歴史—ヨーロッパ読書史

「書物」が初めて生まれたのは、いつのことなのでしょうか。紙が発明され、それから書物ができあがったのは当然でしょう。根拠はありませんが、紙が誕生して程なく書物が生まれたのではないかと思います。
書物には歴史があり、同時にそれを読んできた人・読む行為そのものの歴史があります。時代とともに書物の形やあり方も、それを手に取る人々のあり方も変わってきてるでしょう。
現在、人と読むことのあり方が大きく動いています。このような変化は、きっとこれまでに何度もあったことでしょう。
この本でその歴史をたどってみるのも面白そうです。

 

読むことの歴史—ヨーロッパ読書史
大修館書店
売り上げランキング: 322,900

 

[share] いま、世界で読まれている105冊

毎年、世界中の本が日本で翻訳されています。それらのルーツは様々な国にありますが、多数の本が紹介される国は、どうしても偏るのではないかと思います。
世界には、超大国から名前もよく知らないような国までがあり、様々なことばが使われ、書物も生まれているはずです。

この本は「日本語に翻訳される機会が少なく、なかなか紹介されてこなかった国々の作品を積極的に取り上げたブックガイド」です。
自治領まで含めた小国の作品も対象で、しかも日本語未翻訳のものが多数集められています。
取り上げられている作品たちを、実際に読むのはかなり難しいかもしれません。でも、自分が知らなかった国の本に触れることができるなんて、なんだかワクワクしてきますね。

 

いま、世界で読まれている105冊 2013 (eau bleu issue)
テン・ブックス
売り上げランキング: 280,642

 

[share] 「ひらがな」で話す技術

「ひらがなで話す」って、どういうことでしょう。普段話をするとき、口にしている言葉を文章に起こすと、ひらがな・カタカナ・漢字が混じっているはずです。それをぜんぶひらがなにする、ということでしょうか。
わたしたちが話をするのは、誰かに何かを伝えたいからです。でも、伝えようと思っても、現実にはうまく伝わっていなかった、と言うことはよくあります。そんなことを減らすためにも、ちゃんと伝えるためのテクニックを持ちたいものです。
著者は元ラジオDJ。話のプロがどんなテクニックを使って伝えてきたのか、そして「ひらがなで話す」の真相が気になります。

 

「ひらがな」で話す技術
西任暁子
サンマーク出版
売り上げランキング: 113,971

 

[share] 砂糖の歴史

毎日の食事の中で、砂糖がまったく使われていない食事をすることは、おそらくないでしょう。自分が使ってなくても、口にしたもののどれかには必ず入っているはずです。
そして店にあふれるお菓子。人はそれだけ砂糖が好きなのですね。

しかし、砂糖がどうやって発見され、どんな歴史をたどってきたのか、まったくと言っていいほど知りません。香辛料などと同じように、発見されて広まり、人々の生活や歴史を変えるまでにどれだけのことがあったのか。
歴史の面から「敬遠しつつも口にしてしまう砂糖」に迫るのも面白そうです。

 

砂糖の歴史
砂糖の歴史

posted with amazlet at 14.02.20
エリザベス アボット
河出書房新社
売り上げランキング: 151,990

 

[share] ナチュラル・ナビゲーション: 道具を使わずに旅をする方法

もともと方向音痴気味のわたしにとって、スマートフォンのGPSはなくてはならないものです。
昔auで初めてGPS携帯が出たとき「これはすごいものが出た」と感激しました。それまでは初めての場所に行くときは、交差点ごとに地図で居場所を確認して歩いていました。

地図も満足にない頃、人々は周囲の自然から居場所や道を割り出していました。「天空の城ラピュタ」では、シータが太陽の位置からラピュタの方向を推測し、ドーラに進言する場面がありますね。
今自分がどこかに旅に出て、GPSも地図もないまま道を探す羽目になることは、おそらくないでしょう。でも、自然を読んで自分の居場所や進むべき道を見つける方法は、生きる知恵として持てたらいいな、とも思います。
この本の著者は、海と空で大西洋を単独横断しています。彼がどんな知恵と方法でその偉業を成し遂げたのか、興味があります。

 

ナチュラル・ナビゲーション: 道具を使わずに旅をする方法
トリスタン グーリー
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 3,864

 

[share] PIPELINE ICELAND/ALASKA

油田は秋田や新潟で見たことがあるけれど、日本にパイプラインはないだろうと思ったら、何百キロもあるんですね。
パイプラインはどんなものか想像はつくけど、まったく見たことがないものです。写真や映像にしても、ごく断片的にしか見たことがありません。
この写真集は、アイスランドやアラスカのパイプラインを追いかけたものです。円筒形のパイプがただひたすら、ある場所から別の場所に向かって伸びているだけのものだと思うのですが、それを連続して追いかけていくと、何が見えてくるのでしょう。気になります。

 

PIPELINE ICELAND/ALASKA
PIPELINE ICELAND/ALASKA

posted with amazlet at 14.02.18
石塚 元太良
講談社
売り上げランキング: 38,211

 

[share] 厭な物語 / もっと厭な物語

とてもストレートなタイトルですね。読むと、心の中にザリザリした砂が残ったり、自分がとんでもないところに連れていかれそうな気もします。
表紙も怖い。人形の顔のクローズアップですが、見方によってこんなに怖くなるんですね。
嫌な読後感が残る話は多くあります。わたしは嫌いじゃないです。読んでいて「う〜〜〜ん」と思ってしまうことがあっても、その居心地の悪さを味わうのも、読書の醍醐味だと思うのです。

この2冊はミステリのアンソロジーです。わたしはミステリ初心者ですが、楽しんで読めそうです。

 

厭な物語 (文春文庫)
厭な物語 (文春文庫)

posted with amazlet at 14.02.17
アガサ クリスティー モーリス ルヴェル ジョー・R. ランズデール シャーリイ ジャクスン パトリシア ハイスミス
文藝春秋 (2013-02-08)
売り上げランキング: 42,926

 

もっと厭な物語 (文春文庫)
文藝春秋 (2014-02-07)
売り上げランキング: 11,667