「20歳の20冊」、そして自分は何を読んでいたか

20歳の20冊」 というセレクションがあるようです。
選者には知らない人はいません (少なくとも全員名前は知っている) でしたが、読んだことのある本は1冊もありませんでした。選者にしても選ばれている本にしても、基準が今ひとつわかりませんが。
財団法人出版文化産業振興財団という財団も、今回初めて知りました。

ついでなので、自分は20歳 (くらい) の時にどんな本を読んでいたか思い出してみます。少し期間を広げて、高校卒業から22歳くらいまでとします。記憶をたどって書いているので、実際には読んだ時期がずれている本もあるかと思いますが、そのあたりはご容赦ください。

今手元に残っている本で、この期間に読んだ本からいくつかピックアップしてみます。

    • 福武文庫版の内田百閒。当時刊行されたものの半分は未だにあるはず
  • 他にも色々あるのですが、このへんで。

    「20歳の20冊」は1冊も読んだものがありませんでしたが、せっかく見つけたので、取り上げられている本をいくつか読んでみようと思います。

    タグ :

    “「20歳の20冊」、そして自分は何を読んでいたか” への0件のフィードバック

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です