8/8〜8/14にチェックした本から

先週チェックした本からいくつかピックアップします。

[MM週間記録8/8-8/14] 登録26件/購入2件/金額2163円/読了0冊

まことの人々
豊崎由美さんのこのツイートから。
「社会の毒虫」とは穏やかではありませんね。しかし「正義感」も「善意」も「まっとう」も、使うには気をつけるべき言葉だし、そこに何かをぶつけてくる作品であることが気になってチェック。

まことの人々
まことの人々

posted with amazlet at 11.08.16
大森 兄弟
河出書房新社
売り上げランキング: 246130

 

うたの動物記
先日名古屋駅ビルの三省堂書店店頭で発見。その後、中日新聞書評欄にも掲載されていました。
まずは表紙のうさぎに惹かれました。そして新聞で著者が大学院理学研究科を修了後長く理科教師として働いていたことを知りました。
表紙と内容、著者の人となりが気になるのでチェック。

うたの動物記
うたの動物記

posted with amazlet at 11.08.16
小池 光
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 73331

 

インド夜想曲
これも三省堂書店店頭で発見。かなり前に読もうとして挫折し、そのままになった本です。
平台に積まれていたものが目に付いたので、ここで再開したし機会があったら読もう、と思ってチェック。

インド夜想曲 (白水Uブックス—海外小説の誘惑)
アントニオ タブッキ
白水社
売り上げランキング: 82136

 

檸檬
日経ビジネスオンライン「生きるための古典 〜No classics, No life!」から。自分が読んだことがある本がこのコラムで取り上げられたのは2回目です (あと1冊はカミュ「異邦人」)。檸檬は自宅本棚を探すと出てくるかもしれない。しかし内容はほとんど忘れてしまったので、読み返したいです。

檸檬 (新潮文庫)
檸檬 (新潮文庫)

posted with amazlet at 11.08.16
梶井 基次郎
新潮社
売り上げランキング: 57409

 

病気の社会史—文明に探る病因
中日新聞の書評欄から。歴史と病気の関係について論じた書籍としては「銃・病原菌・鉄 」がありますね。この本は非常に面白かった。そしてこの本で、病気が人類の歴史に及ぼした影響の大きさを知りました。
この影響についてもっと詳しく分かりそうだなと思ったのでチェック。

病気の社会史—文明に探る病因 (岩波現代文庫)
立川 昭二
岩波書店
売り上げランキング: 17804

 

購入したのはこの2冊。
「1984年」はSF読むならまず読むべきかと思って、「ワーカーズ・ダイジェスト」は津村記久子を読んでみたくて購入

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
ジョージ・オーウェル
早川書房
売り上げランキング: 1135

 

ワーカーズ・ダイジェスト
津村 記久子
集英社
売り上げランキング: 4025
タグ :

“8/8〜8/14にチェックした本から” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です