《書評》「趣味が悪い」と言ってしまえばそれまでだが〜夜露死苦現代詩

「夜露死苦」というのは、言うまでもなくヤンキーがよく使うフレーズです。著者はこのフレーズについて

なんてシャープな四文字言葉なんだろう。過去数十年の日本現代詩の中で、「夜露死苦」を超えるリアルなフレーズを、ひとりでも書けた詩人がいただろうか。

と書いています。

この本は「現代詩」と書かれているけど、いわゆるプロの詩人が書いた現代詩ではなく、街角に埋もれたリアルな言葉から「ほんとうにドキドキさせる言葉」をあぶり出そうとしています。
取り上げられているのは

  • 寝たきり老人がつぶやいた言葉
  • 死刑囚の俳句
  • 玉置宏の話芸
  • 32種類の「夢は夜ひらく」
  • 暴走族の特攻服の刺繍
  • ヒップホップ、ラップミュージック
  • 知的障害者、統合失調症患者の詩
  • エロSPAMの文面
  • 湯飲みの説教
  • 見せ物小屋の口上

など16種類。それに「あとがきにかえて」として、相田みつを美術館訪問記。これらの「詩」から遠く離れていると思われる言葉から「ほんとうにドキドキさせる言葉」を探そうとします。
タイトルにも書きましたが、正直言って「趣味が悪い」言葉も少なくない。でも、趣味は悪いけど、読ませられてしまう言葉が並ぶ。不謹慎ながら、面白いんだ。
そもそも人を引きつけるために発せられる言葉にしても、人にどう思われるかについて全く考えられていない言葉 (表現が適切じゃないかもしれないけど) にしても、すーっと自分のそばに寄ってきて、ぐいっと引っぱられる感じがする。
(エロSPAMといえば、たまに「あんたこんなことしなくても、まっとうなライターとして十分食っていけるよ」って文章がありますね)

面白いだけでなく、この本で初めて知ったことも多い。
例えば

  • 玉置宏のナレーションが台本なしの話芸だったこと
  • 分速360字見当で話すのがもっとも聞きやすい速度であること
  • 喋りの間や、やりとりの基本は古典落語にあること
  • 「夢は夜ひらく」という歌は32種類もあること (この本にはそのうち13種類の「夢は夜ひらく」が収録されています)

あと、ラッパーダースレイダーについて書かれています。
ラップやヒップホップは聞かないのでダースレイダーという人はこの本で知りました。インタビューの中で彼は

ダースレイダーがトレーニングとして自分に課しているのが、「部屋で音楽をかけて、ひとりでもとにかく毎日ラップする」こと。…そうやって「何時間もラップしているうちに、自分でも思っても見なかったラップがリズムに乗って出てくるんです。自分の中にこんな表現が眠ってたのかというようなフレーズが」。
:
:
「ラップは演奏でもあるわけですから、リズムなしだと結局、あとから書き直すことになるし。それに日本語としておかしいとしても、こう言ったほうが口はよく回るし、リズムには乗る、それをどうしていくのかを考えていると、日本語の可能性を追求していくことでもあるんだなと感じてます」

と話しています。これは魂の文章術に出てきたトレーニングに通じるものがあると思いました。ラップか文章かの差はあるけれど、とにかくおかしかろうとなんだろうと言葉を絞り出すことで、自分の中から新しい表現を呼び覚ます。
どんなことにせよ、表現したかったらとにかく表現する、出来を気にする暇があったら量をこなすのが大事なのですね。

ふと思ったよ。「リアルな言葉」と「リアリティのある言葉」って、どう違うのだろう。

夜露死苦現代詩
夜露死苦現代詩

posted with amazlet at 10.02.06
都築 響一
新潮社
売り上げランキング: 169145
タグ :

“《書評》「趣味が悪い」と言ってしまえばそれまでだが〜夜露死苦現代詩” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です