10/10〜10/16にチェックした本から

先週チェックした本からいくつかピックアップします。

[MM週間記録10/10-10/16] 登録9件/購入1件/金額1155円/読了1冊

日本のコピーベスト500
朝日新聞ウェブサイトの書評コーナーから。
書評に掲載されているコピーは、知っているものばかりです。個人的には2位の「想像力と数百円」が好きです。
新潮文庫のコピーで印象的だったのが、新潮文庫の100冊で使われていた「インテリげんちゃんの、夏やすみ。」糸井重里作。インテリげんちゃんって、うまいなあと思った。この本に掲載されているかは不明ですが。

日本のコピーベスト500
日本のコピーベスト500

posted with amazlet at 11.10.17
安藤 隆 岡本 欣也 仲畑 貴志 前田 知巳 小野田 隆雄 佐々木 宏 山本 高史 児島 令子 一倉 宏 澤本 嘉光
宣伝会議
売り上げランキング: 3262

 

「方言コスプレ」の時代——ニセ関西弁から龍馬語まで
岩波書店のこのツイートから。
方言がブームになっているんですか。「訛っているアイドル」がいるという話は聞いたことがありますが、普段ほとんどテレビを見ないので、実際そういう人を見たことはありません。
周囲の人は訛っている人が大部分ですが、これは根っからの地元民が多いからであってブームとは全く関係ないし。
「方言」と「ブーム」、さらには「コスプレ」が自分の中では結びつかなかったのですが、すごい面白い取り合わせかもしれないと思ったのでチェック。
しかし、「ニセ関西弁」はともかく「龍馬語」ってなんだろう。

「方言コスプレ」の時代——ニセ関西弁から龍馬語まで
田中 ゆかり
岩波書店
売り上げランキング: 14424

 

遠い町から来た話
豊崎由美さんのこのツイートから。
ちょうどこの本の訳者・岸本佐知子さんのエッセイ「ねにもつタイプ」を読了したところで、絶妙なタイミングで岸本さん訳の新刊情報を知りました。エッセイがすごく面白く、この人が訳した文章を読んでみたいと思っていたところだったのです。
名駅の三省堂で平積みにされていたのをぱらぱらと見ましたが、すごく面白そうです。

遠い町から来た話
遠い町から来た話

posted with amazlet at 11.10.17
ショーン タン
河出書房新社
売り上げランキング: 1055

 

購入したのはこの1冊。

さかしま (河出文庫)
さかしま (河出文庫)

posted with amazlet at 11.10.17
J.K. ユイスマンス
河出書房新社
売り上げランキング: 76709

 

読了したのはこの1冊。

ねにもつタイプ (ちくま文庫)
岸本 佐知子
筑摩書房
売り上げランキング: 10060
タグ :

“10/10〜10/16にチェックした本から” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です