《気になる》72歳はとバス名物ガイドが教える 使える!通じる! おやじギャグ英語術

このタイトルを見たとき「どう反応したらいいのだろう」などと思ってしまいました。
そもそもおやじギャグは日本人以外にも通じるのか、とか。
バスガイドに男性 (しかも年配の) がいるとは知りませんでした。バスガイドの男女比は、飛行機の客室乗務員と似たようなものなのでしょうか。
英語にせよ日本語にせよ通常のビジネスシーンでギャグを言うのは難しそうだけど、それ以外ではお互いが会話とコミュニケーションを楽しむために、ギャグは確かに武器になる。別に難しいことを言う必要はないし。
笑いを生み出すことは、それだけでコミュニケーションの武器になりますしね。これは日本人同士でも外国人相手でも同じでしょう。笑えるポイントは、外国人との間にも意外と多くあるのかもしれません。

英語で話そうとする時「正確に」「きちんと」話したいと思ってガチガチになってしまいがちなのですが、気にせず笑っていくのもいいかもしれませんね。

 

 

タグ :

“《気になる》72歳はとバス名物ガイドが教える 使える!通じる! おやじギャグ英語術” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です