《気になる》今の働き方が「しんどい」と思ったときの がんばらない技術

かつての自分は「とにかくがんばらねば、がんばるのが一番大事」などと考えていましたが、最近「がんばること」と「がんばらないこと」は同じくらい大切だ、と思うようになりました。
仕事でずっとがんばり続けようとして、結果身体を壊しそうになったからかもしれません。
そう思っても「がんばる」「がんばらない」のバランスがうまくとれなくて、しんどくなってしまうことがありますが。
自分が使えるエネルギー量には限りがあるから、常にがんばっているとエネルギー切れを起こしかねないし、がんばったからといって、物事がすべてうまくいくわけでもないですし。
がんばることだけが是、と思っていると、しんどいことを認められなくなるんですね。そしてドツボにはまり、身体から停止信号が出て、やっと止まる。
しんどい状態が長く続いて、いいことなんかないですからね。じぶんがつらくなく、そして長く働くために、この本は役立ちそうです。

 

今の働き方が「しんどい」と思ったときの がんばらない技術
西多 昌規
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 13319

 

タグ :

“《気になる》今の働き方が「しんどい」と思ったときの がんばらない技術” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です