《気になる》経済学とは何だろうか

わたしは経済学は、大学の一般教養レベルでしか勉強していません。その内容も忘却の彼方です。
書店に行けば、経済学の本がうんざりするくらいたくさんあります。色々な人が色々な説を主張しています。きちんと経済学がわかる人なら迷わず必要な本を選べるのでしょうが、わたしのような人間は「なにがなんだかわからん」となってしまいます。
もちろんこれまでも経済学の本は読んできているけど、表面だけ読んで、実際にはよくわからないまま終わってしまうことが大部分でした。
なのでまさにこういう「経済学とはそもそも何か」から解き明かしている本が、自分がまず読むべき本なのでしょう。

 

経済学とは何だろうか (岩波新書)
佐和 隆光
岩波書店
売り上げランキング: 206051

 

タグ :

“《気になる》経済学とは何だろうか” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です