《気になる》ふたりの微積分——数学をめぐる文通からぼくが人生について学んだこと

数学をめぐる文通。うらやましい。
わたしは大学で数学を勉強したけれど、典型的「数学のできない数学科の学生」でした。そういう学生だったせいか、学部の先生で仲がいい先生は少なかったです。一般教養の先生の方が仲がよかったくらい。高校時代は2年3年の担任が数学の先生で、この人には授業でも授業以外でも本当にお世話になりました。残念ながらこの先生は、心臓の病気で10年ほど前に亡くなられました。
でもできない学生だったからこそ、数学のみの文通を30年間も続けた生徒と先生の関係にあこがれます。数学の話の間に流れていく人生、いったいどんな世界が展開しているのだろう。

 

ふたりの微積分——数学をめぐる文通からぼくが人生について学んだこと
スティーヴン・ストロガッツ
岩波書店
売り上げランキング: 3,111

 

タグ :

“《気になる》ふたりの微積分——数学をめぐる文通からぼくが人生について学んだこと” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です