《気になる》本屋さんで本当にあった心温まる物語

「心温まる物語」と銘打たれている本には、普段食指は動きません。わたしは感動したいとか心を温めたいと思って読書しているのではないからです。ですがこの本は書店が舞台です。やはり気になります。
最近なかなか行けてませんが、書店は常に気になる場所です。大きくても小さくても、それぞれの店に表情があり、通りがかりであっても目が向いてしまいます。人と本が出会う場所では、訪れる人それぞれにドラマがあると思います。それをちょっとのぞいてみたい。

余談
通勤途中にある駅ビルの書店は、SF文庫のPOPがやたらと充実しています。結構な点数の定番が面陳され、それぞれに気合いの入ったPOPがついています。
店自体はよくある感じで、売れているビジネス書で何十冊も使って面陳している本が数点ありますが、これはただ冊数を並べて出版社が作成したPOPを置いてあるだけです。店内で一番力が入っているのがこのSF文庫コーナーかもしれません。

 

本屋さんで本当にあった心温まる物語 (心温まる物語シリーズ)
川上 徹也
あさ出版
売り上げランキング: 166,728

 

タグ :

“《気になる》本屋さんで本当にあった心温まる物語” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です