《気になる》歌舞伎 家と血と藝

わたしは生の歌舞伎を見たことはまだありません。シネマ歌舞伎スーパー一座のロック歌舞伎は見たことがあります。
名古屋でも歌舞伎の興行は定期的にありますが、なかなか機会に恵まれません。
そんな素人には、歌舞伎の世界は謎ばかりです。なぜ俳優が世襲なのか、もよく知りません。実際には養成所出身の人もいるようですが。この本のタイトルにあるように「家と血と藝」が中心にある世界では、それらを支えるために様々な駆け引きが行われてきたことでしょう。
実際に歌舞伎の舞台を見るときに、歴史を知っていることでより楽しむことができるかもしれません。その予習の本として、この本に興味があります。

 

歌舞伎 家と血と藝 (講談社現代新書)
中川 右介
講談社
売り上げランキング: 569

 

“《気になる》歌舞伎 家と血と藝” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です