《気になる》「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術

「要領がいい」という言葉は、いい意味でも悪い意味でも使われます。要領がいい方が得をしたりよりよい結果に結びつきやすいのは確かですね。特にきっちり結果を出したいことは、要領よくやるに越したことはありません。
しかしわたしは要領が悪いので「要領よくやる」といっても、どうしたらいいのかピンときません。うまくやるためのテクニックはいろいろありますが、「要領がいい」というのはそれ以前の話のような気もします。
この本は勉強と仕事を両立するための方法を紹介しています。うまく時間術を身につけられれば、何か勉強をしたいときだけでなく、普段の仕事にもプラスになりそうです。

 

「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術
佐藤 孝幸
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
売り上げランキング: 4,024

 

“《気になる》「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です