[share] レッドアローとスターハウス: もうひとつの戦後思想史

「スターハウス」ってなんだ? と思ったのですが、星形というかY字型の団地のことなんですね。
スターハウスを初めて見たのは学生時代。当時住んでいた町に大きな団地があり、そこに建っていました。大学卒業前に再開発が始まったので、今はもうありません。
平針住宅にもスターハウスがありました。見たのが数年前なので、現存するかどうかはわかりません。

わたしは東北の小さな町で生まれ育ちました。市営住宅もありましたが、実家からかなり遠いところだったのと、小規模で団地を形成するほどではなかったのとで、大学生になるまで「団地」とはほぼ無縁でした。
レッドアローにしてもスターハウスにしても、自分には縁遠いものです。地元に似たような物が存在しなかったし、自分がそこに住んでいたり利用したこともないからです。
この本に惹かれたのは、自分とは無縁の世界について書かれているからかもしれません。

 

レッドアローとスターハウス: もうひとつの戦後思想史
原 武史
新潮社
売り上げランキング: 240,413

 

“[share] レッドアローとスターハウス: もうひとつの戦後思想史” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です