[share] すごいジャズには理由(ワケ)がある──音楽学者とジャズ・ピアニストの対話

同僚にジャズ好きがいます。同じくジャズ好きの元上司ともにジャズ喫茶に行っては、そのときかかっている曲の各プレーヤーを、レコードジャケットを見ずに当てるゲームをやっていたそうです。

こういう話を聞くと「ジャズって難しい、近づきがたい」と思ってしまいます。名演名盤を紹介する書籍は多数出ていますが、「ものを知らない人間がよく考えずに読んだ」みたいなことは許されなさそうで、手を出しづらい。
未知のジャンルの音楽はどれも敷居が高いけど、ジャズはそれが抜きん出ている気がするのです。偏見かもしれませんが。

この本に興味を持ったのは、ジャズの何がすごいのか、名曲の名曲たるゆえんは何なのかがわかりやすそう、と思ったからです。
その曲の背後にあるものを知ることで、少しでもジャズに親しめるといいなと思います。

 

すごいジャズには理由(ワケ)がある──音楽学者とジャズ・ピアニストの対話
岡田暁生 フィリップ・ストレンジ
アルテスパブリッシング
売り上げランキング: 6,035

 

“[share] すごいジャズには理由(ワケ)がある──音楽学者とジャズ・ピアニストの対話” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です