[share] 希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話

「絶望名人カフカの人生論」という本があります。タイトル通り、ひたすらネガティブな言葉が並びます。しかしこれが面白いし、不思議と力がわいてくる内容なのです。
ポジティブであることが正しい、ポジティブシンキングでないとだめ、と言われます。けれど常にポジティブでいるなんてどだい無理だし、結構しんどいことではないでしょうか。そのしんどさを受け止める存在として「絶望名人カフカの人生論」は結構お薦めです。

「希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話」ではカフカに対する存在として、ゲーテが取り上げられています。わたしはゲーテについてほとんど知りませんが、きっとポジティブのかたまり、光のような人なのでしょう。
光と闇を並べてみた時、一体どんなものが見えてくるのか。気になります。

 

希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話
フランツ・カフカ ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
飛鳥新社
売り上げランキング: 49,223

 

絶望名人カフカの人生論
フランツ・カフカ
飛鳥新社
売り上げランキング: 11,485

 

“[share] 希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です