[share] 桜は本当に美しいのか: 欲望が生んだ文化装置

桜の花はきれいですね。きれいですが、わたしは同時に怖いと思ってしまいます。花だけが樹いっぱいに咲くのをそう感じてしまうのだと思います。
桜の樹の下には」や「桜の森の満開の下」に書いてあることは、もしかしたら本当かも、と思えてしまうのも、桜の持つ一種の魔力なのかもしれません。

以前美術史の教師が、授業で「美はイデオロギーだ」と言っていたのが印象に残っています。確かに何が美しいかは時代によって変わります。桜が美しいものとなる過程でどんなことがあったのか、気になります。

 

桜は本当に美しいのか: 欲望が生んだ文化装置 (平凡社新書)
水原 紫苑
平凡社
売り上げランキング: 58,090

 

“[share] 桜は本当に美しいのか: 欲望が生んだ文化装置” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です