手帳の季節

9月。手帳の季節です。以前は「手帳カレンダーは10月から」だったのに、早くなりましたね。
来年の手帳計画です。

これまで6年間、ずっとほぼ日手帳を使ってきました。別に手帳にびっしり何かを書くわけでもなく、かなり白い部分が多いのだけど、それでも毎年持ち続けてきました。

ほぼ日手帳6年分
6年分の手帳とカバー

しかし、来年はほぼ日手帳は使わないことにしました。ほぼ日手帳はとてもいい手帳だし、持っているだけでちょっと楽しいのだけど、案外大きいくて厚いんですよね。それに今年はモレスキンも持ち歩いていたので、バッグの中で結構場所を取っていたのです。
わたしはもとから荷物が多い人間なので、持ち物を少し減らしたいのと、今の利用法だと2冊も手帳を持ち歩く必要がないのとで、来年はモレスキンと半年手帳にしてみようと思います。目下の心配はどうすればスマートにモレスキンと一体で持ち歩けるか、なのですが。
あとこれが重要なのですが、モレスキンの厚みのある紙の方が、ほぼ日手帳のトモエリバーより書きやすいんですよ。特にシャープペンを使ったときは、トモエリバーだと書いていて引っかかる感じがある。おそらく自分が筆圧がかなり高いせいかもしれません。

この半年手帳、9/3受付開始、10月から随時発送なのですが、それに先だってお試し版がダウンロードできます。早速ダウンロード→印刷して、ホッチキスで束ねて持って歩いています。

あと手帳とともに早めに買っていたのが「月曜始まりの卓上カレンダー」。職場で使います。自分は日曜始まりより月曜始まりのカレンダーの方が見やすいからなのですが、当面仕事が「水曜土曜休み」になるので、それを考えると日曜始まりのカレンダーの方が都合がいいのだろうか。悩みどころです。

タグ :

“手帳の季節” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です