[share] ざわめく心の静め方 —やすらぎに出合う毎日の習慣—

気持ちがざわついて、居心地の悪さを感じることがよくあります。原因は様々で、それがはっきりわからないことも。
ざわつきは静かにエネルギーを奪っていくので、できるだけ平静に過ごしたいものですが、明鏡止水の状態にはほど遠い。

この本の著者は、曹洞宗の僧侶にして作庭家・大学教授でもあります。彼が説く「心のざわめきを静めるヒントは、禅の考え方の中にある」という言葉。禅というと、高度なことを求められそうですが、実際にはシンプルでわかりやすいもののようです。
毎日穏やかに過ごし、やるべきことをちゃんとやるためにも、ざわつく気持ちをうまく抑えられるようになりたいものです。

 

ざわめく心の静め方 —やすらぎに出合う毎日の習慣—
枡野 俊明
清流出版
売り上げランキング: 393

 

“[share] ざわめく心の静め方 —やすらぎに出合う毎日の習慣—” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です