《気になる》詩の窓

わたしが複数の詩集を持っている唯一の詩人、藤富保男
矢野顕子が彼の詩に曲をつけてアルバムに収録しています (「峠のわが家」収録の「一分間」と、「GRANOLA」収録の「やがて一人」)。これらが藤富保男との直接の出会いです。ちなみに「一分間」の原題は「非」です。
そこから気になり出して、アンソロジーや詩集を購入して読み始めました。
藤富保男の詩は、それまで自分が読んだことのあるどの詩とも違っていました。とにかく読んでいて楽しい。思いがけないところに思いがけない言葉が現れ、そういう言葉のつながりが目の前を開いてくれる。
詩集は数年に1冊のペースで出版されています。また新しい言葉の世界が開けていくのを感じたい。

 

詩の窓
詩の窓

posted with amazlet at 12.07.03
藤富 保男
思潮社
売り上げランキング: 688036

 

峠のわが家
峠のわが家

posted with amazlet at 12.07.03
矢野顕子
ミディ (1993-09-21)
売り上げランキング: 31732

 

GRANOLA
GRANOLA

posted with amazlet at 12.07.03
矢野顕子
ミディ (1993-09-21)
売り上げランキング: 43821

 

タグ :

“《気になる》詩の窓” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です