《気になる》本屋さんへ行こう

これまでに何度か引っ越しをしていますが、住んだ場所によって行きつけの書店がありました。行きつけは近所の書店に限りません。例えば学生時代は埼玉に住んでいたのですが、書店に行くために池袋まで遠征していました。
現在は乗換駅の駅ビルにある書店が行きつけに近いですが、残念ながら自分にとっては居心地がよくないのです。その書店には申し訳ありませんが「そこしかないから仕方なく行く」に近い感じです。

このムックは書店の紹介ページが気になります。
今度上京することがあったら書店のはしごをしようと思っています。本を買い込むためではなく、書店そのものの空気を味わいたいのです。その時の参考になりそうです。

身近にこういう本屋さんがあるとうれしい、というのあげてみると

  • 明るすぎない、うるさくない
  • 広すぎない (大型店は大型店でありがたいのですが)
  • 旧刊書がたくさん置いてある
  • 「売れている本」以外の本が充実している

こうやってみるとちくさ正文館が一番近い書店かもしれません。東山線か中央線沿線に引っ越したいかもw

 

本屋さんへ行こう (エイムック 2149)
エイ出版社 (2011-03-12)
売り上げランキング: 137953

 

タグ :

“《気になる》本屋さんへ行こう” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です