《気になる》日本全国ご当地スーパー 掘り出しの逸品

通販で買った荷物に、たまに緩衝材として知らない地方の新聞が使われていることがあります。
例え1枚しかなくても、そういうのは面白くて読んでしまいます。
知らない土地のことを知るのはとても楽しい。スーパーは生活に直結した場所だけに、その地方の特色がとてもよく現れると思います。スーパーをのぞくのは、確かに下手な観光より楽しいかも。

わたしは山形出身で、高校卒業後は東京・埼玉・神奈川を転々とし、現在は愛知に住んでいます。
最近は愛知のスーパーでも玉こんやだしを売っていますが、山形にしかないものっていうとほかに何があるだろう。
秋になると芋煮セットの特設コーナーができ、大鍋のレンタルまであるとか。芋煮会の季節になると、コンビニにすら薪が積まれて売られますしね。大袋に入った皮むき里芋はこちらでも売ってほしい。
あと「おしどりミルクケーキ (CMソング歌えます)」。これは今でも食べたくなるのですが、最近無印良品にミルクケーキがあることを知り、かなり驚きました。日本生乳のOEMかどうかは不明ですが。最近は味も増えたし保存食まであるし、すごいですね。
愛知だと一番わかりやすいのは八丁味噌にかける味噌、ですかね。

この本はお菓子など加工食品をメインに取り上げているようですが、地方色が一番よく出るのは野菜と魚じゃないでしょうか。

 

日本全国ご当地スーパー 掘り出しの逸品
菅原 佳己
講談社
売り上げランキング: 2882

 

 

タグ :

“《気になる》日本全国ご当地スーパー 掘り出しの逸品” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です