《気になる》100のモノが語る世界の歴史

自分の身の回りには様々なモノがあります。その一つ一つに作られた理由があります。過去に作られたモノでも、これから作られるであろうモノでも、作られた (る) 理由があることには変わりありません。
「なぜそれが作られたのか」を見ていくと、確かにそれだけで「人に求められたことの歴史」をたどることになりますね。1つのモノが人に求められることによって歴史全体の流れが変わったこともあるでしょう。
一般的な歴史書とは違った視点から眺めるこの本は、歴史にあまり詳しくないわたしでも楽しめて勉強になりそうです。

 

100のモノが語る世界の歴史1: 文明の誕生 (筑摩選書)
ニール マクレガー
筑摩書房
売り上げランキング: 17,144

 

100のモノが語る世界の歴史2: 帝国の興亡 (筑摩選書)
筑摩書房
売り上げランキング: 39,810

 

100のモノが語る世界の歴史3: 近代への道 (筑摩選書)
ニール マクレガー
筑摩書房
売り上げランキング: 31,965

 

タグ :

“《気になる》100のモノが語る世界の歴史” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です