《気になる》サッカロマイセスセレビシエ

「サッカロマイセスセレビシエ」とはまるで呪文ですが、出芽酵母のことらしいです。そしてパン職人がパンを焼くときにおまじないとして唱えることもあるようです。
おいしいパンに出会うと嬉しくなります。こだわる人は素材などを気にするのかもしれませんが、わたしは単純に「おいしい」って思えればいいのです。
「お気に入りのパン屋は?」と聞かれたら、三河の2件、名古屋の1件の名前を挙げます。

この本は名店から町のパン屋まで、東京のパン屋200件をひたすら取材して歩いた記録です。
上京する機会もなかなかありませんが、行けたらパン屋にも立ち寄りたいと思っています。そのガイドブックとして役立ちそうだし、なによりパン職人が日々どういう思いでパンを焼いているのかのドキュメンタリーとして面白そうです。

同じ著者による「パンラボ」も気になります。

 

サッカロマイセスセレビシエ
池田 浩明
ガイドワークス
売り上げランキング: 63,856

 

パンラボ
パンラボ

posted with amazlet at 13.07.31
池田 浩明
白夜書房
売り上げランキング: 19,876

 

タグ :

“《気になる》サッカロマイセスセレビシエ” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です