2017年はずいぶんと映画を見た

今年は昨日までに44本の映画を見ました。2016年は27本でした。
なんでこんなに見たんでしょうね。10日に1本以上見てますね。

その中で特に印象的だったものをご紹介します。

 

彼らが本気で編むときは、
見終わった後にこれほど複雑な感情に襲われた映画は、過去にありません。
そこに否定的なものは全く含まれないのですが、表現のしようのないものばかりが残りました。

 

エル ELLE
イザベル=ユペールを初めて見たのは「アスファルト」というフランス映画ででした。
彼女についてなんの予備知識もなく見て、ただ「この女優いいなあ」と思い、また出演作が公開されたら見に行こうと思うようになりました。
それで今年は「未来よ、こんにちは」も「エル ELLE」も見たのですが、とにかく「エル ELLE」は強烈だった。「こんな女性を演じられるなんて、すげぇ」しかない。

余談ですが、「エル ELLE」と「女神の見えざる手」って、主人公の造形に関する基本思想が同じであるように感じます。

 

ドリーム
困難な状況を描いても悲壮な感じがせず、明るくしなやかで、それぞれの立場で信念を持ってできることやり、周囲を巻き込んで成功をつかんでいく。
サクセスストーリーはいくつもあるけど、こんな作品は滅多にない気がする。
個人的には、これから社会に出る、あるいは出たばかりの若い人に勧めたいと思います。
もちろん、いま社会の最前線で働いている人たちにも。

 

わたしたち
自分の身近でも過去にあったような小学生のいじめがテーマで、正直見ていてしんどい場面もありました。
でも、登場する子どもたちの様子がとても繊細に描かれていて、最後に光を感じることができて、非常によかった。

 

2018年の手帳には、見たい映画を着々とメモしています。。
これからも、可能な限り映画館に行きます。

“2017年はずいぶんと映画を見た” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です