3/21〜3/27にチェックした本から

先週チェックした本からいくつかピックアップします。

[MM週間記録3/21-3/27] 登録18件/購入0件/読了1冊

パリ、娼婦の館
パリが愛した娼婦

朝日新聞ウェブサイトの読書コーナーから。
別に娼婦に興味があったわけではありません。文中に

ゾラ「居酒屋」は娼婦ナナの浮き沈み人生を描く一大長編だ

とあり、まさにこの時「居酒屋」を読んでいたので、それでチェック。
「居酒屋」は先日読了しました。せっかくなので「ナナ」も読むべきでしょうか。読むにしてもちょっと時間をおいて読んでみたいです。

パリ、娼婦の館
パリ、娼婦の館

posted with amazlet at 11.03.30
鹿島 茂
角川学芸出版
売り上げランキング: 116884

 

パリが愛した娼婦
パリが愛した娼婦

posted with amazlet at 11.03.30
鹿島 茂
角川学芸出版
売り上げランキング: 83952

 

不可能、不確定、不完全—「できない」を証明する数学の力
これも朝日新聞ウェブサイトの読書コーナーから。
一般向けの解説書ですが、「不可能、不確定、不完全」という、ある種魅惑の言葉が並んでいたので思わずチェック。

不可能、不確定、不完全—「できない」を証明する数学の力
ジェイムズ D.スタイン
早川書房
売り上げランキング: 8485

 

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
またまた朝日新聞ウェブサイトの読書コーナーから。
この作品は、高校生の時に読んでいます。内容はほとんど忘れてますが。自分が読んだ数少ないSF作品の一つです。
もともと読んだきっかけは、川原泉「アンドロイドはミスティ・ブルーの夢を見るか? (白泉社文庫「空の食欲魔人」収録)」。このタイトルが「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」のパロディであることを知って読んでみたのです。
今SFに興味が出てきたので、改めて読んでみようと思います。

ところでこの作品と同時に「未来のイヴ」も紹介されていますが、これも気になる。「イノセンス」がこの作品にかなりの影響を受けているようですね。

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
フィリップ・K・ディック
早川書房
売り上げランキング: 967

 

未来のイヴ (創元ライブラリ)
ヴィリエ・ド・リラダン
東京創元社
売り上げランキング: 7741

 

作家と温泉—お湯から生まれた27の文学
中日新聞の書評欄から。
与謝野晶子・与謝野鉄幹夫妻がかなりいろいろな温泉地に行っていたことは、嵐山光三郎「文人悪食」で読みました。温泉旅館に引きこもって書いた作家の話も色々ありますね。自分は特別温泉好きではありませんが、載っているエピソードが楽しそうなのでチェック。

作家と温泉---お湯から生まれた27の文学 (らんぷの本)
草なぎ 洋平
河出書房新社
売り上げランキング: 219215

 

読了したのはこの1冊。

論理哲学論考 (岩波文庫)
ウィトゲンシュタイン
岩波書店
売り上げランキング: 5061

1日10ページ程度、しかも毎日読んでいなかったので、読了まで3ヶ月弱かかりました。正直まだ消化できていませんが、消化できるまで繰り返し読んでいきたいです。

タグ :

“3/21〜3/27にチェックした本から” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です