月別: 2014年7月

除湿器を購入

除湿器を購入しました。Panasonic F-YHKX120です。今まで使っていた除湿器は10年選手で、そろそろ能力が怪しくなっていました。

新旧交代です
新旧交代です
排水タンク
排水タンク
容量は3.2Lで、これまでのほぼ半分
容量は3.2Lで、これまでのほぼ半分

これまではデシカント式の除湿器でしたが、新たに購入したのはハイブリッド方式です。

コンプレッサー方式とデシカント(ゼオライト)方式 [除湿機] All About

除湿器は洗濯物の乾燥用に、ほぼ1年中使っています。夏の利用が多いのでコンプレッサ方式でもよかったのですが、いつでも一定の除湿能力が出せるなら、と思ってハイブリッド方式にしました。
音はこれまでより静かなくらいです。

室内の大まかな湿度がわかったり、風の向きを色々設定できたり、進化してますね。

 

 

[share] 希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話

「絶望名人カフカの人生論」という本があります。タイトル通り、ひたすらネガティブな言葉が並びます。しかしこれが面白いし、不思議と力がわいてくる内容なのです。
ポジティブであることが正しい、ポジティブシンキングでないとだめ、と言われます。けれど常にポジティブでいるなんてどだい無理だし、結構しんどいことではないでしょうか。そのしんどさを受け止める存在として「絶望名人カフカの人生論」は結構お薦めです。

「希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話」ではカフカに対する存在として、ゲーテが取り上げられています。わたしはゲーテについてほとんど知りませんが、きっとポジティブのかたまり、光のような人なのでしょう。
光と闇を並べてみた時、一体どんなものが見えてくるのか。気になります。

 

希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話
フランツ・カフカ ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
飛鳥新社
売り上げランキング: 49,223

 

絶望名人カフカの人生論
フランツ・カフカ
飛鳥新社
売り上げランキング: 11,485

 

[share] すごいジャズには理由(ワケ)がある──音楽学者とジャズ・ピアニストの対話

同僚にジャズ好きがいます。同じくジャズ好きの元上司ともにジャズ喫茶に行っては、そのときかかっている曲の各プレーヤーを、レコードジャケットを見ずに当てるゲームをやっていたそうです。

こういう話を聞くと「ジャズって難しい、近づきがたい」と思ってしまいます。名演名盤を紹介する書籍は多数出ていますが、「ものを知らない人間がよく考えずに読んだ」みたいなことは許されなさそうで、手を出しづらい。
未知のジャンルの音楽はどれも敷居が高いけど、ジャズはそれが抜きん出ている気がするのです。偏見かもしれませんが。

この本に興味を持ったのは、ジャズの何がすごいのか、名曲の名曲たるゆえんは何なのかがわかりやすそう、と思ったからです。
その曲の背後にあるものを知ることで、少しでもジャズに親しめるといいなと思います。

 

すごいジャズには理由(ワケ)がある──音楽学者とジャズ・ピアニストの対話
岡田暁生 フィリップ・ストレンジ
アルテスパブリッシング
売り上げランキング: 6,035