《気になる》随筆 辞書を育てて

中学校の入学祝いに、伯父から岩波国語辞典第三版をもらいました。最新は第七版でしょうか。以来ずっと、この辞書を使っています。高校時代はこれと英和辞典を鞄に詰めて通学していたという。
最近はiPhoneアプリの大辞林を使うことが増えて、紙の辞書を引くことは減りました。しかしやはり自分にとって一番なじみのある国語辞典はこの岩波国語辞典であることには変わりありません。
「適当にページを開いて、そこにある項目を読む」という楽しみは、電子版辞書ではなかなか味わえないと思うのです。「適当にページを開く」のと「ランダムに項目を表示する」は、個人的に似て非なるものだと思うのです。
この本の著者は、岩波国語辞典の編者です。自分には一番なじみ深い辞書編者ですね。辞書を作る人はどのようにして言葉と向き合ってきたのか。楽しい話が読めそうです。

 

随筆 辞書を育てて
随筆 辞書を育てて

posted with amazlet at 12.08.16
水谷 静夫
岩波書店
売り上げランキング: 102148

 

岩波 国語辞典 第7版 新版
岩波書店 (2011-11-18)
売り上げランキング: 10114

 

大辞林 2.3(¥2,500)App
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
販売元: 物書堂 – MONOKAKIDO Co. Ltd.(サイズ: 130.7 MB)
全てのバージョンの評価: (1,839件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

 

タグ :

“《気になる》随筆 辞書を育てて” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です