11/15〜11/21にチェックした本から

先週チェックした本からいくつかピックアップします。

[MM週間記録11/15-11/21] 登録13件/購入0件/読了0冊

アナーキー・イン・ザ・JP
朝日新聞ウェブサイトの読書コーナーから。
中森明夫というと、自分にとっては「東京トンガリキッズ」であり「中森文化新聞」です。前者は宝島誌上ではなく、単行本を友人から貸してもらって読みました。後者は週刊SPA!ですね。90年代前半の週刊SPA!はサブカルチャー雑誌の色彩が強くて、かなり面白かった。古いなぁ。
それはともかく、中森明夫が純文学、というのがかなり意外だったのでチェック。

アナーキー・イン・ザ・JP
中森 明夫
新潮社
売り上げランキング: 2568

 

読解力の基本
読む新刊ラジオから
あらゆる面で自分の「読解力のなさ」を痛感しているので、少しでも改善できればと思ってチェック。読解力がないのはあらゆる面でマイナスになりますねorz

読解力の基本
読解力の基本

posted with amazlet at 10.11.23
速越 陽介
日本実業出版社
売り上げランキング: 4043

 

世界文学を読めば何が変わる?—古典の豊かな森へ
中日新聞の書評欄から。
自分は古典、特に海外文学をほとんど読まずにきてしまいました。
今後は古典を中心にゆっくり本を読みたいと思っていたので、ガイドとして面白そうです。

世界文学を読めば何が変わる?——古典の豊かな森へ
ヘンリー・ヒッチングズ
みすず書房
売り上げランキング: 10955

 

快楽の効用 嗜好品をめぐるあれこれ
これも中日新聞の書評欄から。
自分は酒は飲まないし煙草も吸いませんが、甘い物とカフェインの摂取は結構多い。まさに「わかっちゃいるけどやめられない」ものであるからこそ、この本が気になりました。

快楽の効用 嗜好品をめぐるあれこれ (ちくま新書)
雑賀 恵子
筑摩書房
売り上げランキング: 20549

 

 

あとがき
中森明夫「東京トンガリキッズ」のことを書きました。
確かこの本は、友人に いとうせいこうノーライフキング」を貸したら、そのお礼として彼女が貸してくれた本だったと思います。宝島は読んでいなかったので、これでこの小説の存在を知りました。
ノーライフキング、現在は河出文庫から出ていますが、自分が持っているのは単行本、あと新潮文庫版を誰かにあげた記憶がある (新潮文庫版の解説はなかなかよかったです)。
「東京トンガリキッズ」を貸してもらったのは、高校卒業後上京して1年ほど経ったあたりでした。自分はこの本に出てくる少年少女たちとは違う、ただの田舎者でしたが (「甲田益也子にあこがれる山梨の女子高生」の話がありますが、この子ともかけ離れていた)、それでも妙に心に残ったのですね。今手元にあるのは文庫版ですが、また読み返してみようかな。

東京トンガリキッズ (角川文庫)
中森 明夫
角川書店
売り上げランキング: 83670

 

ノーライフキング (河出文庫)
いとうせいこう
河出書房新社
売り上げランキング: 145017
タグ :

“11/15〜11/21にチェックした本から” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です