《気になる》ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。

14歳だった時の自分のことは、おぼろげにしか覚えていません。教室の中心ではなく隅にいることがほとんどの生徒で、色々なものをこじらせつつあった時期だという記憶だけが残っています。学校は嫌いでした。
しかし今でも自分にとって一番の友人にはこの頃に出会っているので、その点ではよかったなと思っています。

さて、やたらタイトルの長いこの本。14歳にむけたブックガイドで、どう見ても定番の本は掲載されてなさそうです。
こういうところに載っている本をたくさん読んでいたら、こじれる方向が違ったかもな、と思いました。それが自分にとって吉だったのか凶だったのかは知る由もありませんが。
40代の自分は14歳の時と同じ読み方はできませんが、自分の中に固まっているものをずらすために、このブックガイドは役立ちそうです。

 

ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。 (14歳の世渡り術)
雨宮 処凛 新井 紀子 森 達也 村上 陽一郎 木田 元 柳澤 桂子 山崎 ナオコーラ 吉田 篤弘 上野 千鶴子 大澤 真幸 岡ノ谷 一夫 恩田 陸 中江 有里 角田 光代 金原 瑞人 貴志 祐介 工藤 直子 小池 龍之介 佐藤 優 島田 裕巳
河出書房新社
売り上げランキング: 281,348

 

タグ :

“《気になる》ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です