カテゴリー: 本の話

[share] 総統はヒップスター

今年の春「帰ってきたヒトラー」という小説を読みました。ヒトラーが現代ドイツに突如蘇り、強烈なブラックユーモアを発する芸人として人気者になっていく…、というストーリーです。
自分にとっては間違いなく「今年もっとも衝撃的だった本」です。

さて「総統はヒップスター」。こちらはまんがで、主人公は「草食系メガネ男子のヒトラー」で「ゲッベルスやゲーリングを従えて世界征服…?」。しかも原著は「帰ってきたヒトラー」より先に出版されているとのこと。

これは読まないといかんですな。そして両作品を比較することで、新たに見えてくるものがあるかも。

 

総統はヒップスター
総統はヒップスター

posted with amazlet at 14.10.27
ジェイムズ カー アルチャナ クマール
共和国
売り上げランキング: 58,584

 

帰ってきたヒトラー 上
帰ってきたヒトラー 上

posted with amazlet at 14.10.26
ティムール ヴェルメシュ
河出書房新社
売り上げランキング: 16,622

 

帰ってきたヒトラー 下
帰ってきたヒトラー 下

posted with amazlet at 14.10.26
ティムール ヴェルメシュ
河出書房新社
売り上げランキング: 30,337

 

[share] コレモ日本語アルカ?—異人のことばが生まれるとき

「〜〜アルカ?」という言い方を見たり聞いたりすると、確かに反射的に中国人を思い起こします。
しかし、実際には中国人がどういう状況で話すことを表現しているのか、全く分かりません。
ネイティブスピーカーの中国語を直訳するとこうなるのか、中国人が日本語をしゃべるとこうなるのか。
大学の先生や元同僚など、これまで接してきた中国人は、こんな日本語は使っていません。

おそらくこの「〜〜アルカ?」だけでなく、実際の話し方にかかわらず「この話し方は○○人」みたいなステレオタイプがあるのかもしれません。
そういう言葉がどうやって生まれてくるのか、気になります。

 

 

[share] 夜空と月の物語

表紙の空の色、きれいですね。明け方近い空のように感じます。
夜空も、月や星の見え方も、日々変わっていきます。天候なども考えれば、「いつの日かと同じ夜空」は存在しないのかもしれません。

月が出ていると、足を止めて眺めてしまいます。太陽とは違って、静かに眺められるのが月のいいところですね。だからこそ、月にまつわる言い伝えが多くの場所に存在するのでしょう。

月の物語と美しい写真、気になります。

 

夜空と月の物語
夜空と月の物語

posted with amazlet at 14.10.23
日本星景写真協会 ピーピーエス通信社
パイインターナショナル
売り上げランキング: 152,867

 

[share] ネオンカラー・デザイン ピカピカ蛍光色のグラフィック・コレクション

ピカピカ蛍光色と聞いて真っ先に思い出したのが、なぜかスキーウェアです。
子供の頃スキー場で、蛍光色のウェアを着たスキーヤーをよく見かけました。雪の中では実に目立つ。
もっと身近な蛍光色は、スーパーなどのPOPでしょうか。

そもそも目立つ物だから、それをどうデザインに取り入れるか、は結構難しそうです。色に負けず、なおかつ特長を生かしたデザインとはどんなものでしょうか。気になります。

ネオンカラーの対極である、モノクロームのグラフィックコレクションもあるようです。

 

 

 

[share] 黒の文化史

黒は、ありふれた色です。
日常的に触れる黒は、まずは洋服。あとはいわゆる黒物家電とか自動車あたりでしょうか。
わたしは何かを選ぶ時、色の選択があれば黒を選択肢に入れます。しかし「黒が好き」とまでは言えない気がします。
もちろん、嫌いなら最初から選びません。好きとは言い切れないけど気になる色が黒なのかもしれません。

黒は、他の色とは明らかに違う存在感があります。そう感じるのは何故か、黒がどんな風に受け止められてきたのか。
ありふれた色について書かれたこの本、気になります。

 

黒の文化史
黒の文化史

posted with amazlet at 14.10.18
ジョン ハーヴェイ
東洋書林
売り上げランキング: 129,989

 

[share] ネコにウケる飼い方

今わたしの実家にいる猫は、3年ほど前に譲渡猫としてやってきました。たまにしか帰らないせいもあって、なかなか相手をしてくれません。
帰省のたびに抱き上げようとしたりして、嫌われます。無視されているわけではありません。気が向いたらそばに来て、ささっと言ってしまいます。
そんな状態なので、この本のタイトルは見逃せませんでした。猫にウケる接し方ができれば、もっと相手にしてもらえるかしら。

 

ネコにウケる飼い方 (ワニブックスPLUS新書)
服部 幸
ワニブックス
売り上げランキング: 262

 

[share] 完全保存版 寝台列車トラベルガイド

7〜8年前に、北海道旅行の往路でカシオペアを利用しました。これがわたしの唯一の寝台列車体験です。
夜行列車なら、学生時代にムーンライトながらやえちごをよく利用していました。
寝台列車の旅はいいですね。ゆっくり目的地を目指して車窓を楽しみ、目覚めれば目的地はすぐそこ。

トワイライトエクスプレスは来年で終了します。寝台列車自体が消える運命にあるのかもしれません。
確かに制約も多いとは思いますが、とてももったいない。
遠方への旅行の機会は少ないけれど、寝台列車にはまた乗ってみたい。

 

完全保存版 寝台列車トラベルガイド
マイナビ
売り上げランキング: 76,438

 

[share] どこの家にも怖いものはいる

表紙の少女が、とても怖い。これに限らず、著者の作品の表紙は、どれも怖い絵ですね。ホラー作家なんだから、当然といえば当然ですが。
引っかかったのは、表紙よりもタイトルです。
人の家の中はうかがい知れない、だからこそ何か怖いものが潜んでいるかも、という気持ちは否定できない。もしかしたら自分の家だって。普段開けることのない部屋が怪しい。
そうやって考えると、安全なはずの家に対する気持ちが、変わってくるかもしれない。

 

どこの家にも怖いものはいる
三津田 信三
中央公論新社
売り上げランキング: 67,936

 

[share] 「無」の科学

「無」は、数学でよく出くわします。過去に色々と悩まされた記憶が。ただ「何もない」じゃ終わらないんですね。「無」そのものとも、そこからから出てきた色々なものとも格闘するわけです。
「無」はただ「何もない」で終われない、何もないはずなのにそこから様々なものが生じてくる、厄介で興味深い存在だと思います。
「無」でぱっと思い浮かぶのは数学とビッグバン前の宇宙くらいですが、自分の知らない、もっと魅力的な「無」に、この本で出会えそうです。

 

「無」の科学
「無」の科学

posted with amazlet at 14.10.14
ジェレミー・ウェッブ
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 9,812

 

[share] ゴキブリ大全

思わず「ぐぬぬ」と、のどの奥から出てしまうタイトルです。
非常に身近ではあるものの、絶対に近づきたくない虫。みんなが駆除に必死になっているのに、気がつくとその努力をあざ笑うように姿を見せる…。
「生きた化石」と言われるだけあって、奴らを相手に完全勝利は難しいんでしょうかね。

しかしなぜ「生きた化石」たり得たんでしょうか。その辺りは全然知りません。
仲良くしたくはありませんが、少しでも「勝率」を上げるために、この本で生態と歴史を押さえるというのはアリかもしれません。

 

ゴキブリ大全 新装版
ゴキブリ大全 新装版

posted with amazlet at 14.10.13
デヴィッド・ジョージ・ゴードン
青土社
売り上げランキング: 116,128